大阪の交通事故弁護士に後遺障害認定について相談

subpage1

大阪には交通事故事故弁護士の事務所があり、被害者の方が示談交渉・損害賠償請求で損をしないように丁寧にサポートをしています。

交通事故に遭いケガをすると、そのケガの治療が終わっても症状が残ってしまうことがあります。



その症状が固定的で回復の見込みがなく、介護が必要な状態になったり仕事をする能力に影響が出ると後遺障害に認定されます。

後遺障害には症状の内容や程度を示す等級という制度があり、等級に応じて後遺障害分の慰謝料や減ってしまう収入分の逸失利益を相手に請求することができます。
よって後遺障害が残ってしまう症例では、障害の等級認定を受ける必要があります。後遺障害の等級認定は自賠責保険の審査会に申請します。

申請方法は、相手の保険会社に全面的に委任する事前認定と被害者が自分で手続きをする被害者請求があります。

後遺障害の認定等級は慰謝料や逸失利益の金額を左右するものなので、被害者請求で内容をしっかり把握しておくことで納得の示談交渉ができます。大阪の交通事故弁護士の事務所では、後遺障害の認定申請の相談を数多く受け付けています。

goo ニュースの情報を調べてみましょう。

後遺障害の認定申請は症状が固定し医師の診断書がおりてから行いますが、大阪の交通事故弁護士は後遺障害の等級決定に関連する医学的な知識も豊富なので症状固定前の治療段階から相談しておけば役立つアドバイスもしてもらえて安心です。

また大阪の交通事故弁護士は、既に認定された後遺障害の等級についても、不当な部分があれば積極的に再申請や異議申し立てを行い被害者が不利にならないよう尽力しています。