大阪の交通事故弁護士に慰謝料の相談

subpage1

大阪には交通事故に強い弁護士の先生がいて、事故に巻き込まれて被害者になってしまった方の示談交渉を親身にサポートしています。交通事故に遭うと、いろいろな損害を受けます。



第一に身体面のケガ、それに持ち物が壊れてしまったり、事故が原因で休業して収入が少なくなるといった損失もあります。
さらに忘れてならないのが、精神的にも大きな苦痛があるということです。

被害者は、相手に対して被った損害についての賠償請求をすることができます。
賠償できる項目の中には、精神的に受けた苦痛に対する賠償金として慰謝料があります。
慰謝料など賠償金の金額や内容は、相手の保険会社との間で進める示談交渉で決定します。


大阪で示談交渉を行うことになったら、交通事故が得意な弁護士の先生に相談して交渉の代理人になってもらうのが一番です。というのは、相手の保険会社というのは実態に賠償金を払う立場にあり、安い金額で早期示談に持ち込もうとする可能性があるからです。



そのまますぐに応じてしまうと被害者は損をするので、提示された金額の見極めが肝心です。


特に、慰謝料は金額に差が出る部分です。慰謝料では、精神的苦痛という特質から実費が基本の治療費などに比べて個人差という問題があるのが難しい点です。

そのため、定額化を図る目的で交通事故の慰謝料には計算式があります。

しかし計算式はひとつではなく、自賠責保険・任意保険・裁判と3つの算定方法があってどれを使うかでまた金額が変わってしまいます。
慰謝料は、自賠責保険の計算では安く、裁判基準の計算で最も高額に算定されます。

相手の保険会社が安い自賠責基準で慰謝料の見積もりをしてきても、大阪の交通事故弁護士はその金額をチェックして正当な裁判基準で再交渉をし、被害者が受け取る慰謝料の増額に努めます。